出産内祝いのマナーを守って心からの感謝の気持ちを贈りましょう

HOME>オススメ情報>相手が本当に喜ぶものを感謝をこめて贈ろう

品物の選び方や届け方に注意しましょう

赤ちゃん

赤ちゃんの誕生を祝い、贈り物を下さった方には、心からのお返しの品を差し上げたいものです。しかし、出産内祝いは、ただ何か品物をお返しすれば良いというものではなく、やはりいくつかの守るべきルールがあります。マナーをしっかりおさえて、本当に喜んでいただけるギフトを贈ることが大切です。注意すべきポイントの1つは金額です。自分がいただいたものより高価なもの、逆にあまりに安すぎる品物は失礼に当たります。他の返礼品同様、いただいたものの半分くらいの金額を考えておくと良いかもしれません。次に、届け方の問題ですが、やはり、内祝いののしが付いたものを用意すべきでしょう。のしを付けることで、何に対するギフトなのかをはっきりさせておくことも礼儀の1つであるといえます。相手が比較的若い方であれば、のしの代わりにカードで、感謝の気持ちを伝えるのも良いでしょう。

安心して贈ることができる人気の品を選ぼう

ベビー服

せっかくの出産内祝いですから、人気の高い喜ばれる品物を贈りたいものです。選ぶポイントは相手の家族全員が楽しめるものであることです。そのためには、相手先の家族構成や人数を、事前に把握しておくことが必要です。たとえば、小さなお子さんがいるような家庭でしたら、洋菓子の詰め合わせやちょっと高級な果汁100%のジュースなどがおすすめです。家族の人数に合わせたボリュームのものを選びましょう。また、普段、自分では中々選ばないブランドもののタオルなど、こだわりのある日用品も良いかもしれません。

オリジナルの品物も喜ばれます

赤ちゃん用品

贈る相手がちょっと驚くような品物を出産内祝いとして贈るのも、記憶に残って良いかもしれません。たとえば、どらやきやカステラなどの焼き菓子でしたら、オーダーメイドで焼印をつけられるものもあります。その際、赤ちゃんの名前を入れておけば、世界に1つの印象的な贈り物として喜ばれることでしょう。家族で話題にしながら、にぎやかに食べることができるのでおすすめです。個別包装のものでしたら、職場の仲間から頂いた出産祝いのお返しとしてもピッタリでしょう。

広告募集中